概要

千城ウインドシンフォニカについて

1991年11月に設立された吹奏楽団で、千葉市若葉区を中心に活動しています。発足当時は県立千城台高校吹奏楽部のOB・OGが母体となっていましたが、現在は卒業生の割合は少なくなっています。 1993年10月に第1回定期演奏会を開催。以後回を重ねて2013年2月に第20回定期演奏会を開催いたしました。
また、2002年より「吹奏楽で楽しむ夏のコンサート(愛称:スイカコンサート)」をスタート。定期演奏会とはまた違った、子供も大人も楽しめるコンサートをコンセプトとして企画しています。
その他の主な演奏活動としては、

などがあります。 また、団員相互の親睦活動も盛んで、ボーリング大会・小旅行・スキーツアーも定例行事となっています。

メンバー構成

Flute&Piccolo 7
Oboe 0
Bassoon 0
Clarinet 6
Saxophone 3
Horn 3
Trumpet 8
Trombone 4
Euphonium 1
Tuba 3
Percussion 3
※カッコ書きは休団員(外数)

常時30名程度のメンバーで活動しています。男女の比率はほぼ半々でしょうか。休団員も比較的少ないので、常に全員で活動しているような、アットホームな楽団です。各パート大体バランスよくメンバーが揃っていますが、オーボエ、ユーフォニウム、打楽器奏者を中心に常時団員募集中です。詳しくはこちらをごらんください。
パート別の構成は表の通りです。(2017年5月現在)

活動場所

主に千城台コミュニティセンター1Fの多目的室で活動しています。
千葉都市モノレール「千城台」駅より徒歩3分というアクセスの良さに加え、コミュニティセンター附属の無料駐車場、及び隣接の有料駐車場をご利用になればお車でお越しの際にも便利です。
また、日によっては都賀コミュニティセンターなどの会場で練習することもあります。